ビジネスを優位に進めるM&Aの手法

ビジネスを優位に進めるM&Aの手法

ビジネスを優位に進めるM&Aの手法 ひとくちにM&Aと言っても、実際は色々なやり方があります。欧米の企業が得意とするのは攻撃的な企業買収です。特にライバル企業や独創性が光る技術を持つ中小企業がそのターゲットになります。もちろん合法的な範囲ですが、秘密裏に狙いを定めた企業の株を買い集めていきます。

相手に警戒される隙間を与えず、奇襲攻撃で51パーセントを超える株券を保有するように、短期決戦型で買収劇を仕掛けるM&Aのやり方です。長期戦になると奇襲攻撃は失敗しやすくハイリスクハイリターンな方法ですが、経営力が小さな組織でも有名な組織をてこの原理で手に入れられるのが長所です。

もう一方のM&Aの手法ですが、あえて相手の企業に手の内を隠さず、公開した形で株式取得をじわじわと進めていく方法となります。こちらはアグレッシブな戦術ではなく、合併を意識した温和なテクニックです。意図して相手に気が付かせ、株券を保有してプレッシャーを与えながら、優位な形で合併を迫るというからめ手でもあります。

M&Aとは何かということとその株式について

M&Aとは何かということとその株式について M&Aは企業が合併することです。その際は株式も同一のものになります。M&Aとは世の中の企業が長く存続していくための一つの方法です。元々二つだった企業が合併することによって、他の企業との競争に勝てるような大きな企業になります。合併の際に営業の戦略などもまとまるでしょう。二つのものが一つなるわけですから、メリットが必要になります。もちろん企業体や資金などは大きくなるでしょう。それ以外も営業のやり方がまとまることで工夫されて他の企業に勝てる特長のあるものになり、企業としての力が大きくなると思われます。法律的には企業が合併することに関して規制される点もあるので、その点には引っかからないに留意する必要があります。法律的に違反として裁判に出されたりすると、大きな損失につながるだけでなく企業生命に危険が出てくるかもしれません。そうなっては元も子もないので合併するには十分計画を重ねて実行に移すということが大切です。

新着情報

◎2019/1/10

M&Aの成功手法とは
の情報を更新しました。

◎2018/11/6

ビジネスを優位に進めるM&Aの手法
の情報を更新しました。

◎2018/9/7

M&Aの買い手になるのはどんな企業
の情報を更新しました。

◎2018/6/8

リスクを回避しよう
の情報を更新しました。

◎2018/5/16

サイト公開しました

「買収 株式」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@LMNKFJPwEP0Hc5k 元々が別なんですよね。で、近年もケータハムの資本参加があったり…いなくなったり。w 《アルピーヌ社は1956年、フランスに設立。そして1973年に株式買収されルノーの傘下に入り、「ルノースポール」の各モデルを生産してきました。》

(Buyout)(ばいあうと)バイアウトとは、経営などが、自己資金や金融支援を受けて、自社株式やある部門を買収て親会社から独立すること。第三者に株式を売却せず、経営者などが株式を取得し、会社から切り離すために用いられる。

成果の劣る経営層を更迭する仕組みのない会社は、資本力をバックにした買収者と株式公開買い付けの脅威に絶えずさらされる。腐ったトップをお払い箱にする取締役会がないよりは、買収者の影がちらつく方がましだろう。/ドラッカー「マネジメント」有賀裕子訳

Twitterいとじゅんbot@sh401_b

返信 リツイート 9:02

フランスのワイナリー買収を続ける中国資本 | Asia AC株式会社 代表取締役社長 岩元 渉のブログ ameblo.jp/w-import/entry…

株式を買うときは必ずその企業の一部を買収するつもりで検討することにしている。その企業の将来性を調べ、人材の質と購入価格を検討する。すぐに売却する気はない。むしろ一定の成長を続ける限り、半永久的に保有したいと考えている。このアプローチは市場が活況な時ほどうまくいく。byバフェット

Twitter有名トレーダー名言@相互フォロー@kabushikitarow

返信 リツイート 5:30

買付株数・買付価格・買付期間等を公告し市場を通さず直接株主から株式を買い取るという企業買収の方法を「公開買付」、英語だと「TOB(Take Over Bid)」と言う

TwitterCPAぼっと経営すぺしゃる@cpa_r_bot_s

返信 リツイート 0:31

Q768・株式会社の敵対的買収に対する防衛策の一つで、相手にとって買収が難しくなるような規定を多く作っておくことを何という?→シャークリペラント

大塚家具、綱渡りの増資 最大76億円「支援先が株式の過半」可能性:朝日新聞デジタル 残念ながら親子ゲンカなんかしている場合じゃなかったみたいですからね。買収されなければ破綻しちゃうんですかね? asahi.com/articles/DA3S1…

【経営戦略】[TBO]買収側の企業が、被買収側の企業の株式を、価格、株数、買付期間などを公開して、株式市場を通さずに直接株主から買い取る方法である。

Twitter中小企業診断士勉強BOT@Kigyoukeieirir1

返信 リツイート 昨日 19:07

未上場企業の企業価値を算定する場合、株式の流動性が低いことを考慮し、株式の流動製不足にともなって価値を下方修正する「非流動性ディスカウント」を考慮して買収額を決定する必要がある